オリジナルコースターはどのように印刷すれば良いかについてご紹介します!

「オリジナルコースターの作成を考えているけど印刷はどうすれば良いのかわからない。」
「印刷する上で意識しておきたいデザインや形について知っておきたい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回は「コースターの印刷方法」と「デザインや形を選ぶ際に意識したいポイント」についてご紹介します。

□コースターの印刷方法は4種類存在する!

コースターを印刷する際は、印刷方法が指定できます。
その際は、デザインや素材に合わせた印刷方法を選択することが非常に大事です。
ここでは4つの印刷方法についてご紹介しましょう。

1つ目の印刷方法はオフセット印刷と呼ばれるものです。
これは顔料油性インクを用いて印刷する方法で最も人気があります。
多色刷りをしたい場合におすすめの印刷方法と言えるでしょう。

2つ目の印刷方法はインクジェット印刷と呼ばれるものです。
プリント可能な素材はコルク、厚紙、アクリル、木です。
これは印刷物に直接インクを吹き付けて印刷する方法なので、印刷版が必要ありません。
そのため、安価で少量の印刷をしたい場合におすすめの印刷方法だと言えるでしょう。

3つ目の印刷方法はシルク印刷と呼ばれるものです。
プリント可能な素材はアクリル、木、コルク、厚紙です。
これは網目状の板である印刷版からインクを刷り込むことで印刷する方法です。
プリントする色が多いとその分印刷版の数が必要になり、費用もかかるので大量の印刷をしたい場合にはシルク印刷を選ぶと良いでしょう。

4つ目の印刷方法は箔押しと呼ばれるものです。
プリント可能な素材は厚紙やコルクです。

インクではなく、フィルムのような光沢のある箔を使うことが特徴として挙げられるでしょう。
ロゴや文字の形をした版を用いて、高温で箔を圧着させて印刷します。
高級感が感じられて華やかな見た目にしたい場合におすすめの印刷方法であると言えるでしょう。

□コースターを印刷する上でこだわりたいデザインや形とは?

印刷する前には、印刷方法だけではなくてデザインや形も決めておきましょう。
形は丸型か四角型のものが多いですが、それ以外の形でも良いかもしれません。
デザインは、シンプルで個性的なデザインだと良いと言われます。

何より大事なことはコースターを作る目的やそのコースターに込めたい思いを意識することです。
そうすれば自ずとデザインや形は見えてくるのではないでしょうか。

□まとめ

今回は「コースターの印刷方法」と「デザインや形を選ぶ際に意識したいポイント」についてご紹介しました。
この記事を参考にオリジナルコースターを作成してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です